新着記事
2024/5/14
兵庫県福祉人材研修センター主催 「福祉従事者中堅職員研修(子どもの理解と発達支援)」のご案内
兵庫県社会福祉協議会主催の研修のご案内です。下記のリンク先より詳しい内容が確認できます。お申込みも申込フォームへのご入力で完了します。■□〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓□■「福祉従事者中堅職員研修(子どもの理解と発達支援)」のご案内≪キーワード:発達障害の特性と行動への対応の基本/アセスメント/事例をもとにしたグループワーク≫保育所、認定こども園、その他児童福祉施設に勤務する一定の経験をお持ちの中堅職員の皆様を対象とした研修です。一人ひとりの子どもを理解し、家族を含めた子どもを取り巻く環境理解の視点を確認しながら子どもの支援に欠かせないアセスメントの基本と活用などを学びます。午後は、各受講者が現場での事例を持ち寄り、お互いの悩みや課題を共有しながらグループ間で検討し、講師の解説を織り交ぜながら、深めていきます。職場や業務から離れ、多忙な日々の実践を振り返り、分かち合えるこの機会をぜひご活用ください。【日  程】:6月11日(火)10:20~16:40【講  師】:森田 惠子 氏 (兵庫大学 看護学部 教授) 【内  容】:「発達が気になる子どもの理解と支援の基本」       「子どもの理解から関わり・支援へ(支援上の「困難さ」や「引っかかり」にどう対応していくか」 (事例検討、情報共有)【定  員】:80人【会  場】:兵庫県福祉人材研修センター【申込締切】:5月23日(木)   開催要項の表示、お申込みは、下記リンクをクリックしてください  ⇒ https://hfkensyu.com/app/app_6660/ ≪受講者からのご感想(一部)をご紹介します!≫「発達支援の基本的な事から、教えてもらいたかった事を学ぶことができました」「講義の中で、自身の業務とリンクする内容が多くあり、新たな気付きがありました」「子どもの姿の例をふまえて、言葉がけの例も教えていただくことができてよかったです」「空間の中で自分の体の位置に気づく力を育てることが大切と学びました。手遊びやスキンシップで指の先まで自分自身の体だと認識できるよう援助していきたいです」「最後のまとめでの「信頼関係」という言葉が特に印象に残りました。子どもからの信頼だけでなく、支援者として子どもを信頼することを忘れてはいけないと思いました」「暦年齢と発達年齢の2つの年齢を生きているということを、もっと意識していく大切さを感じました」「具体的な援助方法に悩んでいたので、他の施設の方からアドバイスをもらうことはとてもためになりました」□■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓■□
事務連絡
2024/4/17
兵庫県社会福祉協議会主催「フォロワーシップ研修」のご案内
兵庫県社会福祉協議会主催の研修のご案内です。下記のリンク先より詳しい内容が確認できます。お申込みも申込フォームへのご入力で完了します。■□〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓□■「フォロワーシップ研修」のご案内≪キーワード:中堅職員に期待される役割/フォロワーの視点からリーダーを見る≫概ね経験年数3年以上の中堅職員は、先輩・上司の立場、役割、意向を理解した上で自身だけでなく、後輩職員を指導・支援していく立場でもあります。 中堅職員としてフォロワーシップ(上司やリーダーに効果的に従い、時にはその枠組みを超えて行動するプロセス)を発揮するために必要な知識・能力の高め方を理解します。 日 程:5月15日(水)10:20~16:40講 師:小野 善生 氏(滋賀大学 経済学部 教授) 定 員:90人会 場:兵庫県福祉人材研修センター締切日:4月24日(水)   開催要項・申込はこちらから ⇒ https://hfkensyu.com/app/app_6637/ ≪受講者からのご感想(一部)をご紹介します!≫●「日頃分かっているようで、何となくしてきた事を理論として学ぶ事で根拠になり、自信が持てるようになりました」●「「リーダー研修」は受けたことがあったが「フォロワーの視点から見たリーダー」というのが視点が変わり、わかりやすかった」●「上司と部下の間でどのようにコミュニケーションをとっていけばいいのか、どのように考えながら行動すればよいのか考える機会となりました」●「組織のなかでフォロワーにもリーダーにもなりうること。どの立場であっても、他者とのコミュニケーション、関係性の構築が重要だと感じました」●「利用者を大事にするためには仲間を大事にし、自分を大事にする気持ちを自他共に持てるようなフォロワーになりたいです」 ●「対面研修は移動の負担はありますが、直接やり取りが出来るので、やっぱり良いと思いました」●「同じグループの方々は、分野は違うが悩みは同じなのだということが印象的でした」 など□■〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓■□
事務連絡
2023/12/13
【情報提供】日本保育協会主催のセミナーについて
この度、日本保育協会からセミナーの情報提供がありました。令和5年度に配信したセミナーの中から、好評のあったセミナーのアンコール配信を行うとのことです。申込方法やセミナーの詳細は、以下URLからご確認ください。 ★日本保育協会ホームページ:https://www.nippo.or.jp/learn/★開催案内のURL:https://www.nippo.or.jp/Portals/0/kensyu/R5kensyu/R5_encore_youryou.pdf 【配信セミナー】「子どもの人権と保育①―子どもの権利・こども基本法ってなんだろう?―」 講師:末冨 芳(日本大学文理学科教育学科教授)「子どもの人権と保育②―みんなのウェルビーイングにつながる保育とは―」 講師:井桁 容子(コドモノミカタ代表理事/保育SoWラボ代表)「保育所保育指針―保育における自己評価とアセスメントー」 講師:汐見 稔幸(一般社団法人 家族・保育デザイン研究所代表理事)    齊藤 真弓(社会福祉法人清遊の家 うらら保育園園長) 【視聴期間】12月12日(火)12:00 ~ 令和6年2月29日(木)17:00*配信期間中は24時間いつでも視聴可【受講費】会員4,000円(非会員6,000円)【申込み期日】令和6年2月19日(木)23:59まで【その他】*定員なし*申込みは施設単位ですので、ひと施設の申込みで同施設の職員様は何名でも受講可
事務連絡