新着記事
2022/12/3
すみれ組だより(27)
 エントランスには、クリスマスツリーやサンタクロース・トナカイのオーナメントなどが飾られ、1年でいちばんにぎやかな装飾に、子ども達はとてもワクワクしています。 12月2日はこども園の音楽会でした。たくさんの保護者の方々に見にきていただき、ありがとうございました。子ども達はこの日に向けて、毎日コツコツと楽器の演奏を頑張ってきました。  11月、妙見山、千ヶ峰登山・ファッションショー・想い出旅行などすみれ組ではとてもたくさんのやりたいことがありました。どの「やりたいこと」1つにおいても、子ども達とミーティングを行い「成功させるためには?」「楽しくするには?」「やってみてどうだったか?」など必ず話し合ってきました。そのため、ミーティングの時間を作り、それに向けての活動の時間を作り、それに加えて楽器遊びの時間も作り…と、本当に限られた時間の中で、楽器遊びを行ってきました。 子ども達がまず最初に行ったのは、実際にやってみたい楽器に触れて音を鳴らしてみることでした。すみれ組になり、今まで触れたことのないたくさんの新しい楽器が出てきました。どれもとても魅力的で「あれをやってみたい!」「これもやってみたい!」と、子ども達のワクワクがよく伝わってきました。魅力がある分「どの楽器にするのか?」を決めることはとても大変でした。やはり人気のある楽器は、多くの子ども達が「やってみたい!」と希望が殺到しました。全員希望通りに好きな楽器を持たせてあげることができればよかったのですが、楽器の数にも限りがあるため、子ども達同士で話し合ったり、「他の楽器をやってみてもいいかな~」と思えるような、楽器のプレゼンテーションを行いました。決めるにあたり思っていた楽器の希望通りにならず、悔しい思いをした子もいましたが、最終的には全員納得して演奏する楽器を決めることができました。♪大太鼓 & 小太鼓♬ ♬シンバル & ウッドブロック♪ ♪トライアングル & スズ♬ ♬鉄琴♪ ♪木琴♬ ♬鍵盤ハーモニカ♪ ♪ハンドベル♬  ここからしばらくは各楽器のパート練習をコツコツ行っていきました。今年は例年に比べ打楽器を減らし、メロディー楽器を多く取り入れました。そのため子ども達にしてみれば思っていたよりも演奏することが難しかったようで、最初はなかなか弾けなくて苦戦する子が多かったのですが、それでもコツコツ練習を重ねていきました。各パート毎にドレミの歌を自分達で歌いながら楽器を演奏する姿や、困っている子には教えてあげたり、わからない時は友達に尋ねたりする姿が多く見られました。友達と力を合わせることが自然とできるようになっていて、とても嬉しく、そして微笑ましかったです。 そうしてコツコツ行ってきたパート練習を経て、全体で合わせる練習をしました。パート練習では自分達の音だけで合わせるだけですが、全体となると色々な音とリズムを一斉に演奏するため、別の楽器の音に惑わされたり、焦ってしまって思うように演奏できなかったり…と、最初はなかなか合わせることができませんでしたが、次第に音を合わせることのコツや大切さ、楽しさに気付くことができ「早く音(ピアノ)鳴らして!」と口にするぐらい、自信を持って楽しく演奏ができるようになりました。 いよいよ発表会当日!子ども達はお家の人に見てもらえる嬉しさ半面、緊張感も多々あったようですが、なんとか無事に演奏も合唱も成功することができました。緊張からいつもの余裕がなくなり、ちょっぴり急ぎ足になったり、間に合わなかったりすることもありましたが、限られた練習時間の中で、よくここまでみんなで合わせて演奏できるようになった姿を見て、改めて子ども達の可能性の幅の広さを感じました。本当にみんなよく頑張りました!! 来週からはわくわくタイムで楽器遊びエリアが登場します。いろいろな楽器の演奏の仕方を、ぜひ小さいクラスの友達に教えてあげてほしいと思っています。また友達が演奏していた姿を見て「やってみたい!」と思った楽器を演奏して楽しめたら…と思います。 またすみれ組では、楽器遊びと並行してお店屋さんごっこの準備を進めています。来週からいよいよオープンしていく予定にしていますので、今後のお店屋さんの様子も順次お伝えしたいと思います。 ☆アイドル☆ ☆美容室☆ ☆ネイル☆ ☆レストラン☆ ☆レストラン☆ ☆くら寿司☆ ☆ジュース屋さん☆
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/12/3
たんぽぽ組だより(17)
 昨日は音楽会を見に来てくださりありがとうございました。この音楽会に向けて子ども達も一生懸命取り組んできました。リズムを覚えるために登園後、自分から楽器遊びを楽しんでいる子もいて、少しずつ上手く出来る様になるととても嬉しそうにしていました。自分のパート以外の楽器を鳴らして遊んだり、楽器を持ったままダンスをしたりして楽しんでいる子もいました。音楽会のリハーサルでは他のクラスの子や先生方に見てもらい、少し緊張している様にも見えましたがリズムが合った合奏をすることができていました。合唱では大きくて綺麗な声を出せるように何度も歌いました。人数は少ないクラスなのですが、一人ひとりが一生懸命頑張って歌っていました。当日は少し緊張している様子でしたが、子ども達なりに一生懸命頑張っていました。合唱もみんな大きな声で楽しく歌えていました。クリスマスの音楽に合わせてスズを鳴らしました!音楽会大成功!  子ども達が楽しみにしていたさつまいもパフェのクッキングをしました。さつまいもを潰して生クリームと混ぜ、さつまいもクリームを作りました。完成したさつまいもクリームとスポンジケーキ、みかん、アポロをトッピングし特製さつまいもパフェが完成しました。一口食べると「おいしい!」と大喜びで食べていました。秋の味覚さつまいもを焼き芋とは違う調理方法で味わうことができた1日でした。さつまいもを潰して、生クリームと混ぜ、スポンジを入れてクリームを絞り出しました! 完成したパフェはこんな感じです!みんな上手にできたね! さつまいもパフェのお味は「おいしい!」と笑顔で食べていました! 紅葉が少し残る日に園外保育で余暇村公園に行きました。何度も行ったことのある場所だったのでアスレチックで遊んだりローラー滑り台をしたりしました。そして子ども達が楽しみにしていたおにぎり弁当!「おいしい!」「おにぎりの中に〇〇はいってる!」と大喜びで食べていました。その日は少し天候が悪かったのでおにぎり弁当を食べてすぐに園に戻ったのですが、友達と沢山遊べた1日になりました。友達とアスレチックで「はい!ちーず!」ローラー滑り台にみんなで行きました! ローラー滑り台のスピードに驚きの表情です!友達と食べるおにぎり弁当はやっぱり美味しいね!11月は毎日マラソンも頑張りました!
令和4年度 たんぽぽ組(4歳児)
2022/12/3
ちゅうりっぷ組だより(16)
 ほどよい気候でしたが、だんだん寒さを感じられるようになってきました。そんな中、子ども達は毎日、マラソンに頑張って取り組みました。マラソンを走る前は、しっかりと準備体操をし元気よくスタートをすると、屋上を2周走り終えた頃には「あ~疲れた~」と言う子もいれば「まだまだ走れる~」と言う子もいました!11月30日でマラソンは最終日でしたが、ほとんど毎日、子ども達は元気にマラソンを楽しむことができました!1.2.3.4、、、と走る前の準備体操を上手にしています!毎日、元気よくマラソンを走りました!🥇  先日、園舎の後ろのイチョウの木が見頃となり、イチョウ遊びを楽しみました!事前に子ども達には、「黄色い葉っぱを見に行くよ~」と伝えると「イチョウや~!」と目をキラキラさせながら楽しみにしている姿が見られました。園舎の後ろに行き、イチョウの木を見た途端、子ども達は元気に走り出しました。落ちているイチョウを手に取ると、イチョウのシャワーをしたり、イチョウを集めて"イチョウのブーケ"を作ったり、それぞれがイチョウ遊びを楽しんでいました!"イチョウのブーケ"を作った子ども達は、「お家の人にプレゼントするの~」と言う子や、友達とブーケを見せ合いしている子など秋の季節を感じ、十分に楽しんでいる姿が見られました。友達と一緒にイチョウのブーケ作り!さあ、どんなブーケができるかな〜?じゃーん!!イチョウのブーケの完成!素敵なブーケでしょ?✨わあーい!!イチョウのシャワーが大好きな子どもたち!すごく楽しそうな表情をしています!(^^)イチョウの木と一緒に、にっこっぱ!イチョウ遊び楽しかったね!  先日は、音楽会にお越しいただきありがとうございました。子ども達は、日頃から楽器遊びに取り組んできました。最初は、楽器の持ち方から一緒にしたり、手遊びでリズムを覚えたりしました。今では、楽器の持ち方も、リズムの打ち方も上手になりました。サビの部分の演奏では、楽器ごとに別れて演奏するところがあり、最初は違う楽器の音に釣られたりすることもありましたが、それでも毎日、リズム遊びを楽しむ中で、素敵な演奏ができるようになりました!子ども達自身、日々の楽器遊びの中で上手くなった喜びを感じ、嬉しそうな表情をしている姿が見られました。 音楽会当日は、部屋にいる時からわくわくドキドキした様子で、『お母さんきた!』『今からいくの?』と嬉しそうな子ども達でした。舞台に立つと、緊張というよりは、嬉しかったり恥ずかしかったりの可愛くて微笑ましい演奏と歌を披露していました。保護者の方やたくさんのお客さんに拍手と笑顔をもらってご満悦の子ども達でした!来週からも、いろいろな楽器に触れられるようわくわくタイムの中で楽器遊びエリアを設け楽しみたいと思います。クリスマスの音楽もいっぱい取り入れてリズム遊びを楽しむつもりです!また家庭でもこども園の様子を聞いてあげてもらえればと思います。 昨日は、子ども達にとって素晴らしい1日となりました。子ども達への温かい眼差しや笑顔とたくさんの拍手を本当にありがとうございました。"ほ!ほ!ほ!ほ!ゆれゆれゆれゆれ〜♪"可愛い振りを踊りながら、元気よく歌っています!タイミングがバッチリのカスタネットチームさん!力強い音を奏でる、タンバリンチームさん!綺麗な音を、揃えて演奏するスズチームさん!毎日、一生懸命演奏の練習をしました!よくがんばりました!✨
令和4年度 ちゅうりっぷ組(3歳児)
2022/11/26
すみれ組だより(26)
 11月もいよいよ中旬にさしかかりましたが、秋晴れの暖かい日が続いています。今年は例年よりも秋が長く感じられます。子ども達も過ごしやすい秋を十分に楽しんでいます。 10月から延期になっていた思い出旅行。11月22日に「神戸どうぶつ王国」まで、25人全員揃って行くことができました。当日の朝は少し肌寒かったのですが、神戸はとても良い天気で室内・戸外ともに、とても暖かく過ごしやすい1日でした。 全員で行くことができました😊 朝から「今日のお弁当は◯◯入ってるねん」「おやつは◯◯を持ってきたよ」など、思い出旅行を楽しみにウキウキと期待を持って登園する姿を見ることができました。 早々とトイレと持ち物の確認を済ませ、観光バスに乗り込みました。子ども達はいつもと違うバスに乗り「すごい!」「シートベルトがついてる!」など、一気にテンションが上がりました。お見送りをしてくださった園長先生や保護者の方に手を振り、いざ出発! 行ってきま〜す!! どうぶつ王国はポートアイランド内にあり、バスで約2時間かけて行ってきました。道中は友達同士で会話を楽しんだり、保育者も一緒に『クイズ』と『いえるかな?遊び』をして楽しい時間を過ごしました。 どうぶつ王国に着くと、まず最初にお弁当をみんなでいただきました。本当は少し園内を散策してからお弁当にしたかったのですが、食事する場所の使用時間が決められており、この時間帯しか予約が取れず…早いお昼になってしまい申し訳なかったです。子ども達は喜んでお弁当を取り出し、すみれ組になってはじめてのおかず入り弁当を嬉しそうに見せてくれました。いつもはおにぎりお弁当なので、いろいろなおかずが入っていることがとても嬉しかったようです。続きでお菓子も食べ、いざ園内散策へ! お弁当🍱美味しい〜✨ おかず入りお弁当🍱嬉しいな😆 園内散策するぞ〜!! どうぶつ王国は昔の花鳥園跡にできた施設ですので、動物だけでなく本当にいろいろな鳥もたくさんいました。また動物や鳥との距離がとても近く、普段はそんなに近寄ってみることができないのでみんな大興奮でした。ペリカンやハシビロコウと一緒に写真を撮ったり、フラミンゴが本当に手が届く位置で様子を見たりすることもできました。 大きなペリカンと📸 フラミンゴ🦩に触れそう! ハシビロコウはど〜こだ?!  また出発前に回収させていただいた100円で、カメやカピバラに1人ずつ餌をあげることができました。3種類の餌があったのですが、自分でどの餌をあげたいのかを決め、順番にお目当ての動物に餌やりを楽しみました。その後もいろいろな動物や鳥(どの動物や鳥の名前も難しかったです…。)を見たり触れたりすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。最後はカンガルーに触れ「めっちゃフワフワ~!」とみんな大喜びでした。 いっぱい食べてね🥬 カピバラさんにもゴハンどうぞ!! スコップでフードもあげたよ😊 笹の葉っぱ、食べてくれるかな?! ちょっと…怖いんだけどなぁ…😥 ペンギンいっぱい発見🐧 バクが寝てるよ💤 おーい!アザラシさ〜ん🦭 大きな魚もいたよ🐟 カンガルーさんの背中はモフモフだね🦘 帰りのバスの中では、歩き疲れたようで眠ってしまう子が多かったです。予定時刻通り無事園に帰ってくることができました。大きなケガや事故などなく全員元気に帰って来れて、ホッと一安心でした。 朝早くから気持ちを込めてお弁当を作ってくださり、また集合時間もとても早かったので準備など大変だったと思いますが、ご協力いただき本当にありがとうございました。 美味しいお弁当ありがとう😊  子ども達にとって今回の思い出旅行が、これから先もすみれ組のみんなと過ごした楽しかった思い出の1つとして心に残っていくことを願っています。 園内はクリスマスに模様替え🎄楽しかったね😊
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/11/26
すみれ組だより(25)
11月16日から18日までの3日間、オープンこども園に参加していただきありがとうございました。今回のオープンこども園では、わくわくタイムの様子だけでなく、ハロウィンパーティーが終わってから準備を進めてきたファッションショーを見ていただけたことかと思います。よいこネット(22)でハロウィンパーティーに向けての衣装作りやパーティーの様子をお伝えさせていただきました。今回はその後のファッションショーの様子をお伝えしたいと思います。思い思いの衣装を作りました😊 チケットも手作りです! ポスターも貼って宣伝しました☆ 小さいクラスのお友達にもお知らせしに行きました😊 子ども達が楽しみにしていたハロウィンパーティー、今年は10月31日ハロウィン当日に開催できました。子ども達はその日に向けて衣装作りを進めてきたのですが、頑張って作った衣装を身に付けたのはパーティー当日だけでした。そこで子ども達に「せっかく頑張って作った衣装なのに、1回だけ着て持って帰るのはなんだかもったいない気がするんだけど…」と問いかけてみました。すると「他のクラスの子にも見てもらいたい」「他のクラスの先生もにも見せたい」「小さいクラスの先生には見てもらってない」等の声が上がりました。そこで子ども達に自分たちの素敵な洋服をみんなに見せる機会を作ることができること、自慢の衣装をみんなに見せる会を「ファッションショー」っていうことを伝えました。 実際にファッションショーがどんなものなのかイメージが掴めたらと思い、みんなでファッションショーをYouTubeで見てみることにしました。「モデルさんが歩いてお客さんの前に出て、お客さんの前でポーズをとること 🟰 ファッションショー」というイメージが掴めたようです。ファッションショーのYouTubeを見た後に、もう1度子ども達に「どうする?ファッションショーしてみる?」と問いかけると、「やってみる!」と、前向きに返事してくれました。 子ども達と一緒にポーズや歩き方を考えたりする時間を設けました。最初はみんなの前でポーズをとるのが恥ずかしく、なかなか前を向いて堂々とポーズを決めることができなかったのですが、友達同士でポーズを見せ合ううちに自分のお気に入りのポーズを見つけ、恥ずかしがらずにポーズを決めることができるようになってきました。また「お客さんの前を歩いて行く道のことをランウェイって言うんだよ!」と伝え、みんなもランウェイを歩いてみたいかどうか尋ねると、「歩いてみたい!」という意見が多かったので、急きょランウェイを設置し、順番にランウェイを歩いてみる時間を取りました。意外と高さがあったので最初はオドオド歩くといった印象でしたが、慣れてくるとスタスタ歩けるようになりました。 こういうポーズはどう?!かわいいでしょ❤️ 当日使用したランウェイ✨  こうした見えない努力を積み重ねて迎えたファッションショー!子ども達なりに一生懸命頑張る姿が見ることができ、とても嬉しく思いました。中には緊張したり、お客さんが多いことで照れたりする子もいたかと思いますが、きちんと自分の出番をやり切ることができました。2日目、3日目と回数を重ねるにつれ慣れてきたこともあり、歩き方もポーズもバッチリ決めることができていた子ども達でした。魔女に変身です🧙‍♀️ かわいいポーズ😍バッチリ👌 またファッションショーを終えた後には、その日のファッションショーについてミーティングを重ねました。その日に出てきた困り事や問題点をみんなで話し合い、次の日につなげていけるようにしました。毎回ミーティングをして反省会です! 初日、すっかり忘れていた受け付け係💦2日目から登場です! どのように迎え入れるのかも考えて、役割分担しています! お客さんに掛ける言葉も練習しました😊 2日目は1人しかいなかった案内係、3日目はたくさん登場です! 「こっちだよ!」手を引いて連れて行ってくれます😊 1日目…2日目…と順調にきていただけに、3日目はもっとスムーズに進んでいくのかと思いきや、問題勃発。「歩き終えた後に座る位置が決まっていないので、座るところがわからず困った」という意見が出たので、並び順を決めて座っていこうということになり、並び方を決めたはずが…それが仇となり3日目は幕の後ろで座り方についてトラブルになったようです。その日のミーティングで、お互いの気持ちを汲み取り「そういう場合はどうしたらよかったかな?」と話し合い、「見に来てくれているお客さんが嫌な気持ちにならないようにしていきたいね」と話し合いました。大人なら座る位置が違っていて「あれ?」と思っても、その間違いに瞬時に適応していくことができるのですが、まだ幼い子ども達なので決めたことと違うことが目の前で起こると、気持ちを切り替えることができず、問題をその場で深掘りしようとしたようです。自分達しかいない場合なら、気が済むまで話し合うことができるのですが…。お客さんを招待している以上、それはどうなのかな?ということをみんなで考えました。どこまで子ども達が理解できたのかは分かりませんが、これから先大きくなった時に同じような状況に出くわした時、「そういえば…」と、思い出してもらえたら…と思っています。幕の後ろはこんな感じでキツキツに座っていました💦 ファッションショーは大盛況で終えることができました。ここからすみれ組の姿を見て、たんぽぽ組やちゅうりっぷ組の子ども達が興味を持ち、遊びが広がっていけばいいなと思っています。 ショーが終わった後に、お礼のハイタッチ🤚 子ども達は、音楽会に向けて楽器遊びや、今後オープン予定のお店屋さんごっこに力を入れようとしています。また子ども達の遊びの様子を紹介していきますね。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/11/19
すみれ組だより(24)
 様々な色の木の葉が舞い落ち、足元でサクサクと音を鳴らす落ち葉をみると、少しずつ秋から冬へと季節の移り変わりを感じます。 11月10日に今年最後の登山に行ってきました。目指すは多可町で1番高い山「千ヶ峰」です。 前日にあまんじゃこから「頑張って千ヶ峰の頂上まで登れますように!」と言う内容の手紙が届きました。そして「明日の登山を頑張れるよう、パワーの出るアイテムを1つプレゼントしたい!」とも書いてありました。子ども達は妙見山の3合目まで登れたことがとても自信につながっているようで、千ヶ峰の頂上まで登ることに対してもとても意欲的でした。 登山当日の朝、子ども達の元に段ボールが1つ届きました。開けてみると中にはあまんじゃこからの手紙と、昨日約束していたアイテムが入っていました。それはなんと「バナナ」でした(笑)手紙には「全力で登山を頑張るみんなに、パワー回復のアイテムをプレゼントします!」と書いてありました。子ども達は1本ずつバナナをもらい、しっかりリュックサックに入れ、いざ加美区に向けて出発です。  バスに乗り加美区の市原まで行くのに約20分、そしてそこから細い山道を登り、市原コースの登山道入口にある駐車場を目指します。最初のうちはあまり周りを気にしていない子ども達でしたが、だんだんと標高が高くなるにつれ山々の木々が赤や黄色に色づいていることに気付いて、「うわ~!めっちゃキレイ!!」と、窓から見える景色に感動するしていました。  しばらくは景色を楽しんでいた子ども達ですが、思っていたより山道が長く、駐車場まで約20分かかるため「先生、山登りってバスでするん?」「千ヶ峰の頂上までバスで行くってこと?」と、聞く子もいました(笑)  長い山道を経てようやく市原コース登山道入口の駐車場まで着きました。バスから降りるとヒヤッとした風が吹きとても肌寒く、標高の高い所にいるのを感じました。「多可町で1番高い山のてっぺんを目指して登るぞ!」と、みんな意気揚々と登山スタートです。 今から登山⛰頑張るぞ💪💪💪  妙見山に比べると山道も広く、山を登っていると言うよりは峰を歩いているといった印象でした。ただ所々に急な斜面や階段が出てくるので、決して子ども達は楽ではなかったと思います。丸太でできた階段は段差が高く斜面を上ることも大変ですが、段差の高い階段を上っていくのもそれはそれは大変でした。 何と書いてあるのかな? しかし、みんな大変ながら途中に出てくる看板を目印にして、一生懸命頂上目指して登っていきました。いよいよ頂上が見え始め、階段の角度もさらに急になりましたが、みんな「もうすぐゴールや!」と、力を出して登ることができました。 看板み〜つけた☆ ずいぶん高いところまで登って来たよ!「ヤッホ〜!!」 後少し🤏頑張るよ💪  頂上につくと「やったー!着いた!!」「頂上まで登れた!」「すごいキレイやな!」と思い思いの感想を口にしていました。頑張って登りパワーも減っているということで、あまんじゃこからプレゼントしてもらったバナナをみんなで食べました。それはそれは美味しかったようで「めっちゃ美味しい!」と大絶賛でした(笑)バナナを食べ終え、少し休憩した後、予定通りおにぎり弁当は食べずに下山しました。 「やった〜!!到着😊」 頂上からの景色は絶景だね! バナナ🍌いただきま〜す!  帰りは、段差のある階段を下りるのがとても大変でしたが、手をついたり、下りる箇所を考えたりしながら下っていきました。途中とても急な傾斜の坂道では、たくさんの落ち葉が落ちていたので、お尻をついて落ち葉の滑り台を体験しました。普段の園や家庭での生活では体験できない落ち葉の滑り台!子ども達はとっても楽しかったようで「めっちゃ楽しい!!」と満面の笑みで教えてくれました。 落ち葉の滑り台🍂楽しいね😊  駐車場近くになると、バスの運転手さんが「みんな、おかえりー!」と、手を振って迎えてくれる姿が見え、子ども達も「帰ってきたよー!」と、無事に登山を終えたことを実感しながら、嬉しそうに手を振りながら答えていました。 運転手さんが出迎えてくれました😊  その後バスに乗ってラベンダーパークへ移動し、みんなでおにぎり弁当を食べました。おにぎり弁当を食べた後、頑張ったご褒美にその場でおやつも食べました。普段外でおやつを食べる機会があまりないので、みんな大喜びでした。 美味し〜♡ ちょっと休憩中😴  こうしてすみれ組の子ども達が目指してきた「多可町で1番高い山・千ヶ峰」の登山を無事終えることができました。 今回の登山で子ども達の大きな成長を感じた所が2つありました。1つは子ども同士でお互いに気遣いや助け合いの言葉を掛け合えるようになっていたことです。「◯◯ちゃん頑張りよ!」「〇〇くん大丈夫?」「みんな頑張って!」と自分の前後の子に声を掛け合ったり、前の方の子が後ろの方の子に気遣いや危険箇所などを伝え合ったりしていました。言葉を掛け合う方があまりにも自然にできていたので、「人を大切にする」「友達に優しくする」というすみれ組の目標を達成してくれているんだなと感じました。 もう一つはしっかりと挨拶ができていたことです。千ヶ峰は人気の山ということもあり、この日もたくさんの方々が登山を楽しまれていました。道中で他の登山客の姿が見えたりすれ違ったりする際に「こんにちは!」と子ども達の方から登山客の方に挨拶をしている姿を見てとても嬉しく思いました。登山客の方々からも励ましの言葉など、いろいろ声をかけてもらい、とても嬉しそうな子ども達でした。多くの登山客の方々とすれ違いました😊  今年度は「たくさん山に登ろう!」という目標を立て、それに向けて子ども達がよく頑張ってついてきてくれました。4月に比べ足腰の力もずいぶんしっかりしたように思います。登山を通じて人を思いやる気持ちや、自然に触れることの楽しさや面白さを十分に感じることができたのではないかと思っています。 これからどんどん寒くなっていくので体には十分に留意し、いろいろな遊びに取り組んでいけたらと思っています。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/11/19
すみれ組だより(23)
 山々の木々が赤や黄色、オレンジに染まり、紅葉がとてもキレイな季節となりました。今回は妙見山2回目の登山についてお話ししたいと思います。ご報告が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。  10月28日は妙見山へ2回目の登山に行きました。1回目はサプライズハイキングでしたが、今回は3合目まで登山をしてきました。  前日にあまんじゃこから妙見山周辺の地図をもらい、今度こそ間違えないように、前回はどこで道を間違えたのかを子ども達と一緒に確認しました。登山当日はよい秋晴れの中、那珂ふれあい館までバスに乗せてもらい、そこからは前回同様、妙見山の入り口を目指して歩きました。前回見過ごしてしまった「妙見山登山道東山口」という看板を見つけると、子ども達は「あった!」「これや!」と、大騒ぎでした。  今までの登山で歩いたことないような山道を見てびっくりした様子の子ども達でしたが、それでも一歩一歩転ばないようにしっかりと登ることができました。途中には大きな木が倒れていて行く手を塞いでいたり、シダの葉が生い茂り足元がとても見えにくかったり…と、いろいろな難関はありましたが、それでもあまんじゃこが教えてくれた3合目の展望台を目指して登っていく姿は、とても立派でした。  看板を目指し歩いていたその先に、見えてきました!「3合目」の看板が!!「あった!看板見えてきた!!」と、子ども達。しかしまだそこがゴールではありません。そこから今までよりもさらに険しい山道を登り、ようやく目標としていた展望台まで登りきることができました。  展望台はちょっとした空き地になっており、そこからちょうどこども園の方角の街並みがよく見えました.。子ども達も「うわー凄い!」「どこがこども園かな?」と、景色に感動したり友達と一緒にこども園を探したりする姿が見られました。3合目付近の展望台!  ただ、私たちが予想していたよりもみんなしっかりと登ることができたので、予定到着時刻よりかなり早く到着できました。トイレの問題もあり、予定変更をして下山し那珂ふれあい館でおにぎり弁当を食べることにしました。 子ども達には3号目の展望台までしか登れないことをもう一度伝えると、「もっと上まで登れる」「頂上まで行く」と、口々に気持ちを伝えてくれましたが、やはりこの先は厳しい山道が続くので、子ども達の安全を第一に考え、この日はここまでで下山することを話しました。  登るのも大変だった山道ですが、上りが急だった分下るのもとても大変でした。子ども達は石や木の実に滑って転ばないよう十分に注意をしながら下りていきました。 妙見山登山、大成功〜🙌  全員無事にケガなく下山することができ、那珂ふれあい館の芝生でおにぎり弁当をいただきました。   その後、那珂ふれあい館の館長さんにお願いし、東山古墳の中を案内してもらいました。初めて入る古墳の中。子ども達も私達もドキドキ!中は大きな石で壁が作られており、「どうやったらこんな大きな石を運ぶことができたのだろう?」と子ども達もとても不思議に感じたようです。東山古墳はたか坊の妹のふう子の家となっていたので、子ども達は「え~?ここがふう子の家?」と、ビックリしていました(笑)普段経験できない貴重な体験ができ良かったと思っています。  子ども達はその後、こども園まで歩いて帰りました。とても疲れていたとは思いますが、誰も弱音を吐くことなく、最後まで歩き切ることができました。 11月10日の千ヶ峰登山で今年度の登山は最後になりました。千ヶ峰登山の様子も詳しくお伝えします。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/11/19
たんぽぽ組だより(16)
先日はオープンこども園にお越しいただきありがとうございました。子ども達の楽しんでいる姿を見ていただけたのではないかと思います。11月に入ってからピザトースト屋さんが開店しました。このお店は夏にクッキングで作ったピザトーストを、みんなに食べてもらいたいと子ども達が考え始まりました。少しずつ準備を進めていき開店の日がやってきました。子ども達はやる気満々で、いろいろなクラスに「ピザトースト屋さん開いています!」と声をかけに行き、お客さんが来るとみんなで一生懸命働いて、ピザトーストを食べてもらいました。その日のミーティングでは「食べ物と飲み物がなくなってしまった。」「食べた後の片付けができていなかった。」「お金をいつ渡したらいいのかわからず、お客さんが困っていた。」と沢山の困りごとが出てきました。そこで「案内係」「注文係」「レジ係」「コックさん」「片付け係」の役割を決めてお店屋さんを進めていくことにしました。他にも「待っているところに椅子と本を置いとったら?」と待合場所を作る案もでました。その後も「お客さんがあまりこなかった。」「お金がないからこれないって言われた。」など色々な困りごとをミーティングで話し合っています。その都度子ども達から出た方法を試しながらお店屋さんを楽しんでいると「たくさんお客さんが来てくれた!」「〇〇くんが手伝ってくれた!」など嬉しいことも沢山増えてきています。友達と考えを出し合いながら、一緒にお店屋さんを作り上げていければいいなと思います。「なににしますか?」とさくら組に優しく声をかけています!「お金がなかったらペイペイでもいいですよ!」たんぽぽ組のピザトースト屋さんはペイペイ対応しています!コックさんも大忙し!注文を間違ない様に確認しながら作っています!「ピザトーストですよ!」と待っているお客さんのところに急いで持っていきます!今日は大盛況の日!たくさんのお客さんが来てくれて大忙し! 10月31日こども園でハロウィンパーティーをしました。3・4・5歳児混合のチームに分かれて園内にいるお化けを探しに行きました。お化けを見つけると「トリックオアトリート!お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」と大きな声で言いお菓子をもらっていました。少し怖いお化けもいましたが、優しく話しかけてくれるお化けだったので一安心している様子でした。たんぽぽ組の子もちゅうりっぷ組の子と手を繋いで、一緒に連れて行ってあげる優しい姿も見られました。お菓子も「美味しい!」と食べ、ハロウィンを楽しめた1日になりました。「トイックオアトリート!お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」と蛇遣いの魔女に頑張って言っていました!いろいろなお菓子が食べられてよかったね♪ハッピーハロウィン!
令和4年度 たんぽぽ組(4歳児)