新着記事
2022/8/5
すみれ組だより(フィナーレ)
 楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。いよいよデイキャンプもクライマックスです。 デイキャンプの内容を決め始めた頃、「打ち上げ花火したい」と行っていた子ども達でしたが、いつの間にかその話は消えてしまっていました。そこで、子ども達に晴れでも雨でも打ち上げ花火を見せることができないかと考え、今年は映像での花火大会を開催することにしました。 子ども達には完全に秘密だったので、「今から準備するから待っててね」と言うと、「何やろな?」「またたか坊が来るんかな?」なんて友達同士で話していました。部屋が暗くなり花火の映像が流れると「うわ~!凄い!!」「めっちゃキレイやな」という声が聞こえてきました。花火を頑張った子ども達にプレゼントすることができてよかったです。  終わりの会では、チームごとに役割をしっかりこなしてくれたおかげで、デイキャンプが大成功したこと、友達のことを大事にできたから楽しい1日になったことなどを、子ども達に伝えました。私自身も初めて子ども達と一緒にバーベキューを行い、いろいろ大変なこともあったけれど「諦めずにやればできるんだ!」ということを、子ども達に教えてもらいました。とても充実した1日を、子ども達と一緒に過ごすことができ、よい思い出になりました。 保護者の皆様には、当初お伝えしていました終了時刻を大幅に過ぎ、迎えの時間が二転三転してしまい、大変ご心配・ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。今回のデイキャンプにおきましては、保護者の皆様にいろいろとご協力いただき本当にありがとうございました。お陰さまで無事デイキャンプを終えることができました。 次は運動会が待っています。今回、友達と協力する大切さや、友達と助け合う大切さを学んだ子ども達。運動会ではデイキャンプで学んだことを存分に発揮できるよう、支えていきたいと思っています。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(いよいよご対面!)
 多可町音頭を踊り終えると同時にドラムロールが流れ、ドア開きました。「あまんじゃこか?!」とまたおっかなびっくりする子ども達でしたが、入ってきたのはなんとたか坊でした。「たか坊やし!」と子ども達もようやく安心してニッコリ😊 たか坊にいろいろ質問しました!「何月生まれですか?」「北の国に行ったのに、なんで多可町にいるのですか?」「なんでそんなに大きくなったのですか?」「彼女いますか?」「暴れん坊ですか?」などたくさん質問できました。答えはまたお子様に聞いてみてください。 最後に兼ねてからの子ども達のお願い、それは「一緒に多可町音頭を踊ってくれますか?」と、たか坊に尋ねると快くOKをもらい大喜び!たか坊には円の真ん中に入ってもらい、念願のたか坊と一緒に多可町音頭を踊りたい願いを叶えることができました。  その後はたか坊に1人ずつプレゼントをもらいました。たか坊の近くに行くことができて、みんなドキドキ♡「たか坊ありがとう!」とお礼を言って、ツーショット写真も集合写真も撮ってもらいました。 たか坊に質問してもいい?  するとなぜかたか坊がバタバタ暴れ出し、理由を聞くと「もうすぐあまんじゃこの姿に戻ってしまいそうだから、早く帰らないとこども園を壊してしまいそう」との事。それは大変!と、みんなでお別れを惜しみながら、たか坊とさようならをしました。 また大きな足音がして驚いていましたが、「あまんじゃこの姿に戻って、山に帰っていったんやな」と話すと、少し冷静さを取り戻した子ども達でした。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(まさか…あの人がやってきた?!)
 ウォークラリーを終えて子ども達が続々と戻ってきました。「どのゲームが楽しかったか」「どんなゲームがあったか」など興奮冷めやらん感じの子ども達。 そこへ、1通の手紙を手にした園長先生が部屋にやってきました。園長先生が持ってくる手紙と言えば…あの人からの手紙に違いない!!と一気にテンションが上がり大騒ぎ。「早く読んで!」「来るって書いてあるんかな?」とドキドキしながら保育者が読むのをじっと聞いていました。 手紙には『ゆうがた、ふとこどもえんのほうをみてみたら、きれいなあかりが、たくさんみえたんじゃ。みんな、おいらとのやくそくおぼえていてくれたんじゃのう。おいらうれしいぞ!じゃ~、つぎはおいらのばんじゃ。あかりをめじるしに、みんなのところにいこうかのう!みんな…おおきなこえでなくじゃろのう。』と、書いてありました。 読み終わると「え~?!もしかして来てくれるんかもやん!」と大喜びする子もいれば、中には表情が強張る子も…。すると廊下から何かが聞こえてきました。大きな足音がだんだんと近づいてくるように聞こえます。子ども達はおっかなびっくり!!「怖い~」と泣き出す女の子が続出。男の子達が「どこに来た?」とカーテンを開けると、遊戯室の掃き出し窓に大きな手が浮かび上がり…さらに恐怖がのしかかり、もはやパニックに(笑)大きな手が「おいでおいで」と手招きするので遊戯室に行くことを提案したけれど、それどころではない子ども達。あれだけ「子ども園に来て欲しい!」と、お願いしていたにも関わらず、いざ来たら拒絶するというまさかの展開になってしまいました(笑)足音が聞こえた途端、泣き出す子も😭 遊戯室に大きな手が!! 「ちょっと落ち着いて泣き止んで!よく考えてみ。そもそもあまんじゃこに園まで来て欲しいって頼んだのはみんなやろ?」と声をかけると「そんなん頼んでないし!」と即答(笑)「そんな事ない!呼んだはずや!!」「呼んでない!!」の押し問答で、予定時刻を大幅に過ぎてしまいました。「みんなで行けば怖くない!」と説得し、何とか遊戯室へ。  中は夜の森の映像が映し出されていて、夜の森の音が流れていました。恐る恐る入り「あまんじゃこ~!」と呼ぶと何と電気がつき、多可町音頭が流れてきました。ほぼ毎日踊っていたので体が勝手に動き出す子ども達。さっきまで泣いていたのもすっかり泣き止み、みんなで楽しく踊ることができました。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(お楽しみウォークラリー)
 食事の後は遊戯室に集まり、子ども達が楽しみにしていたウォークラリーを開催しました。まず最初に4つのチーム分かれ手紙を渡しました。その手紙にはとても大切なことが書いてあります。チームごとに集まり、「何が書いてあるのかなぁ?」と、ドキドキしながら頭を寄せ合い中身を確認しました。そこには今から始まるウォークラリーの順序が書いてありました。保育者と一緒に中身をしっかりと読めたチームから、ウォークラリーのスタートです。  ☆♡♧♢4つのあまんじゃこが登場するゲームコーナがあり、子ども達は決められた部屋へ順番に回っていきました。 ☆コーナーはヒントでビンゴ(職員のヒントを聞いて、封筒の中に入っている写真が何かを当てるゲーム)でした。職員が出すヒントをよく聞き、子ども達が答えていきます。1問目はまだ要領が分からず、思いつくままに答えていましたが、次第に子ども達同士で相談して答えることができていました。  ♡あまんじゃこはどこだ?(いろいろな絵カードをめくって神経衰弱を職員と勝負するゲーム)でした。普段の遊びの中でもよくトランプで神経衰弱を楽しむ子ども達なので、今回は新たなカードの登場に「何が書いてあるん?」「このカードは何の絵が描いてあるんかな?」と、ドキドキしながらめくっていきました。あまんじゃこカードを引くことができると大喜び!「うわ~!やった!!あまんじゃこ発見」とあまんじゃこカードを引いたときはテンションが上がっていました。♧あまんじゃこを探せ!(決められた時間内にボールプールの中からあまんじゃこをいくつ探すことができるのかを競うゲーム)でした。ボールプールに80個程のあまんじゃこもイラストが貼り付けてあるボールを制限時間内にいくつ見つけ出せるか競いました。中には頭文字に「あ」のつくダミーも混ざっていて、子ども達は必死で探していました。最後はいくつ見つけられたのかみんなで一緒に数えました。 ♢間違いはどこでしょう?(2枚の絵を見て、いくつ間違いを探し出せるかゲーム)でした。あまんじゃこに関する絵を2枚見比べ、上と下の絵の違いを見つけ出しました。「あった!」「ここ違う!」「え~?どこかな??」と言いながら、8つの間違いをみんなで協力して探しました。  4つのハンコをゲットした子ども達は、最初の手紙に描いてあった通り、急いですみれ組に戻ってきました。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(飯盒炊飯・BBQ)
 飯盒チームはコンロ周りに集まり、保育者が飯盒を火にかける姿をじっと見守ります。飯盒から煙が出てこないか、ピチピチ…パチパチと飯盒炊飯から音がしないか、などじっと飯盒の様子を見守っていました。少しでも変化があれば大騒ぎ!「何か音がしてるかも?」「ほら見て!中の水が溢れてきた」「何かいい匂いがする」など口々に思いを伝えてくれました。練習通り、煙が少なくなり…どうか上手に炊けていますようにと願いながら、飯盒を火から下ろし、ご飯を蒸らしました。20分後ドキドキしながらそっと蓋を開けると、今回も真っ白なご飯が美味しそうに炊けていました!「やった~!大成功!!」と喜ぶ子ども達でした。最後はおにぎりチームの子達の番です。混ぜ込み用のふりかけをしゃもじで混ぜ、ラップおにぎりを作ってくれました。クルクルと手際よく丸めていってくれました。きっとお家でもお手伝いしてくれているんでしょうね。  一方のバーベキューチームは、下準備していた食材を、コンロに乗せて焼いていきます。鶏の手羽元やコーンを焦げないようにひっくり返したり、フランクフルトを回したり、多めの油を熱したところにカボチャを入れて揚げ焼きにしたり、じゃがバターにまんべんなんく火が入るように場所を移動させたり…と、どの子もトングを上手に使いこなしながら、焼く作業を頑張ってくれました。火の側は汗が吹き出る程暑く「めっちゃ暑い~」と何回もお茶を飲みながら、最後まで焼いてくれました。  おにぎりにバーベキューで焼いた食材がテーブルに並ぶと、「うわ~めっちゃ美味しそう!」「凄いなぁ~」「早く食べたいわ~」と大喜び。暑い中、夕飯の準備をしてくれたので夕食は涼しい遊戯室の中でと思っていましたが、子ども達に尋ねると…「バーベキューなんやから外やろ~!」という返事が(>_<)そこで、テラスにテーブルを並べて戸外でのバイキング方式にしました!1人ずつ順番に並び、お弁当箱におにぎりにやおかずを詰めていきました。世界で1つだけの「特製バーベキュー弁当」を、みんなで仲良くいただきました。あっという間に食べ終わり、何回もおかわりをしてくれる子もいれば、ゆっくり味わいながら食べる子もいました。例年のカレーはみんな食べ終わるのが早いのですが、バーベキューなだけにゆっくり食事の時間を楽しむことができました。  自分達で育てたスイカもデザートに食べました。ちょっと熟れすぎかも?と思いましたが、味はとっても甘くて美味しかったです。また食事後半には焼きマシュマロのスペシャリストがマシュマロを焼いてご馳走してくれました。それが甘くて美味しかったようでみんな大喜びしていました。
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(火おこし)
 15時からはみんなで火おこしを頑張りました。飯盒チームの子ども達が中心になって、ブロックを運びコンロを組み立てたり、薪を運んだりしてくれました。火付け役の3人は汗をブルブルかきながらも、順番にファイヤースターターを使って火をつけようと頑張ってくれました。自然と周りで見ていた子達からは「頑張れ~!」「もう少し!!」と、声援が飛び交い、火付け役の子達も力が入ります。何巡目かしたその時…ようやく火がつきました。「ついた!」「ヤッター!!」と、みんなで大喜びしました。小さな火を大きくするために、木をくべたり、交代でうちわで仰いだりしながら、消えてしまわないように頑張りました。多めの木をいこし、バーベキューコンロに取り分けた後に炭を足して、バーベキューができる準備も並行して行いました。どの子も火を真っ赤にしながら一生懸命手伝ってくれました。  その頃、遊戯室の中では飯盒チームのお米洗いチームが、米を計り、飯盒に移し入れ、水でしっかりと洗ってくれました。米が流れ出ないように手を添え、そっと水を流すことができていました。練習の成果が出ていました。その後、自分の手を使って水の量を計りました。指をつけて計るか、手のひらをつけて計るか相談し、練習通り今回も手のひらをつけて水の量を計りました。  さぁ、火の準備が整いました!いよいよ飯盒炊飯とバーベキューのスタートです! 実習に来てくれていたあおい先生が手伝いに来てくれました😊
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/8/5
すみれ組だより(デイキャンプスタート)
 7月中旬までの雨模様が嘘のように、デイキャンプを迎えるまでの1週間、とてもいい天候に恵まれました。デイキャンプ当日も太陽がガンガン照りつけ暑すぎるぐらい!! 朝、登園してくる子ども達の顔は「デイキャンプ、頑張るぞ~!」と気合の入った表情でした。普段通りの子もいれば、いつも以上に緊張している子、テンションが上がっている子とさまざまでしたが、みんなの気持ちはデイキャンプに向けてスタートを切りました。保育室のホワイトボードにはキーポイントのあまんじゃこ! 始まりの会では記念写真を撮り、「キャンプだホイ!」の歌をうたったり、保護者の方に書いていただいたメッセージもこの場で披露したりしました。またデイキャンプを存分に楽しめるよう、「友達に優しく・友達を大切に」という思いを持って参加して欲しいという保育者の気持ちも伝えました。 デイキャンプ頑張るぞ!! すみれ組に戻り、きらきらランタン作りをしました。味海苔の空き容器に、カンナで薄く削った木をボンドで自由に付けていきました。(薄く削った木はあまんじゃこからの宅急便として事前に届いていたので、子ども達と一緒に絵の具を薄めて淡い色に染めました。)順序良く並べて貼っていく子、自由に好きなところから貼っていく子、いろいろな大きさや色の中から好きなものを選び、黙々と貼り付けていきました。個々の性格がでているなぁ…と、微笑ましかったです。カンカン照りの太陽のおかげで、夕方にはボンドはほぼ乾いていました。  お楽しみウォークラリーの前にランタンに明かりを灯し、1人ずつ廊下に並べました。まだ暗くなる前だったので、子ども達もそこまでの感動はなかったのですが、再び遊戯室に戻る頃にはキレイに明かりが灯っていたようです。が、しかし誰も「キレイ~!」なんて明かりを見ている余裕などなく…(笑)帰る時に子ども達が持っていたランタンが、駐車場でキレイに灯っているのを見て、子ども達と一緒に作ってよかったなぁと改めて思いました。 廊下ではこんな感じにあかりが灯っていました!
令和4年度 すみれ組(5歳児)
2022/7/30
さくら組だより(8)
 暑さもぐっと増し、いよいよ夏本番です。子どもたちは暑さを吹き飛ばす勢いで、元気いっぱい外遊びや水遊びを楽しんでいます。子どもたちの健康管理に気を付けながら、たくさん遊ばせてあげたいと考えています。 最近はまた雨の日が続いたり、気温が低い日があったりと室内で遊ぶ日がありました。今、さくら組の室内遊びでは、スライムや片栗粉を使った感触遊びを楽しんでいます。スライムは、実際に作る工程を子どもたちの前で見せながら作り感触を楽しみました。洗濯のりと水と絵の具、ホウ砂水、シェービングフォームを混ぜて少しずつ固まっていく様子を見ながら、「うわぁ~!」「すごい!」「早く触りたい!!」とワクワクして目を輝かせる子どもたち。コップに入れて割り箸で混ぜて楽しんだり、触って伸ばしたり丸めたりして思い思いに感触を楽しむことができました。 また、片栗粉遊びでは1人1つカップを用意して、粉の量を調節しながら色々な硬さの片栗粉を触ってみました。水気をなくして丸めるのを楽しむ子や、少し力を込めて指を入れ跳ね返る感覚を楽しむ子、ひたすらに混ぜて楽しむ子など、それぞれの楽しみ方でとびきりの笑顔で遊ぶ子どもたちでした。 感触遊びは指先の感覚を刺激するだけでなく、子どもたちの想像力なども育むことができるため、まだまだこれから続く暑い夏に色々な感触を楽しんでいけるよう準備をしていこうと思っています! また、室内遊びの際には身体を動かす活動として、以前のよい子ネットでもご紹介したキラキラのマイステッキを持ってダンスもよくしています。子どもたちにはパウパトロールやプリキュアのダンス、エビカニクスなどがとても人気で、子どもたちの方から「〇〇の歌がいい‼︎」という声があがることも増えてきました。保育者の真似をして上手に踊れる子もおり、ノリノリな様子がとても可愛いので、ぜひご家庭でもお休みの日などお子様と一緒にダンスをしてみてください☆ 熱中症対策、感染症予防、健康管理には十分留意し、安全に過ごせますよう努めていきます。「びよ〜ん‼︎」のびるスライムおもしろかったね😆お友達と「かんぱ〜い‼️」片栗粉でも遊びました!固くなったりトロトロになったり不思議だね😳「パウパト〜🎵」曲に乗って元気いっぱいに踊りました‼️スクーターで園庭を駆けまわります‼️楽しいね✨ハードルに挑戦⭐️ジャンプやまたいで遊びました。ジャンプも少しずつ上手になってきています!見て見て‼️保育者が持ってきたヤドカリに子どもたちは興味津々でした😁触れたね❗️動く足をよく観察していました😊カブトムシを見に行きました!かっこよくて釘付けの子どもたちでした👀
令和4年度 さくら組(2歳児)